【沈黙の臓器】手遅れになる前に!50歳で脂肪肝と診断された私が、自動的に落とす方法を発見!

投稿日:

(PR:和漢)

お酒の量は減ったのに、
50歳を過ぎて体の衰えを感じ始めました。

飲んだ後の、二日酔いが増えた…。

疲れがとれず、なかなか起きられない…。

何をしても痩せられない…。

 

仕事柄会食も多いし、お昼も外食ばかり。

不健康な生活なのはわかっていましたが、
「俺もう50だしな…」と特に気にすることなく過ごしていました。

しかし、疲れは日に日に増すばかり。。

休日は体が動かず、寝てばかりでした。。
妻からは「また寝てる…」と呆れられてしまうほど…

しかし、コレ全部肝臓が疲れていることが原因だったんです。。

会社の健康診断があったので結果を見ると…
γ-GTPは
基準値より3倍以上も超えていたんです!

健康診断で「要再検査」と書かれてあったので病院に行ってみると…

「脂肪肝は本来症状を感じることはありません。
疲れや肥満になりやすくなっているの状態は危険な証拠です。
放おっておくと、肝硬変や血糖値が上昇し合併症を引き起こしかねませんよ。」

カラダの疲れだと感じていた原因はなんと脂肪肝だったんです。
気づかないうちにこんな恐ろしいことになっていたなんて…。

早めの対策を勧められたので、言われた事を実践してみました。


・1日30分以上のウォーキング

・糖質制限

・アルコールを控える

 

対策していざ検査に行っても、
なかなか数値って下がらないんですね。。

妻からも、「今日は何食べたの?」と根掘り葉掘り聞かれるようになる毎日。。
家に帰ってもお酒も飲ませてもらえないし、食事も1人だけ貧相なものばかりで。。

正直この時はとてもストレスが溜まっていました。

どうにか食事やお酒を楽しめる生活を取り戻したいと思い、知り合いの漢方の先生の所へ相談してみることにしました。

そこで教えてもらった昔から薬として扱われていたある肝臓ケア方法を試した結果…

日々感じていた体のだるさや疲れがなくなり、朝もスッと起きることができるようになりました!!

γGTPも1ヶ月目から徐々に下がりだして、今では基準値内に!

実は肝臓が復活できるとっておきの方法があるんです!

正しい肝臓ケア方法とは!?市販のウコンは実は効果ナシ?

肝臓が疲れる一番の原因は、
溜め込んでしまった中性脂肪が元凶。

肝臓は糖質や脂質をエネルギーへと変えてくれます。

ところが!!
中性脂肪が増えすぎると処理しきれない分が肝臓にどんどん溜まってしまうんです!

そうはいっても、肝臓ケア方法をネットで調べてみると…

・ストレスを溜めない

・飲みすぎない

・ウコンを飲む

本当に効果があるのかなと疑問に思う答えばかり…。
実際にやってみましたが、続けられずほとほとに困っていたんです。

さらに、飲み会のお供「ウコン」ですが、
アメリカの有名な雑誌「Journal of Medicinal Chemistry」肝臓には害があることが証明されているんです。

「ウコンによる肝障害が報告されています。数ある健康食品や民間薬の中でもウコンについての報告が一番多いです。」
※一部抜粋

 

飲み会の前に飲んでいたウコンはむしろ、、、

逆効果だったのです!!!

「じゃあいったいどうすりゃいいの?」って思いますよね。

ネットで載っていた対策をすべて試した私にとっては、もうどうしたらよいかわからなかったんです。

しかし私は、漢方の先生に教えてもらったある方法で劇的に変わりました。

実感できる今話題のあるものを試してみると…

今話題のある方法とは、、
「田七人参」という食品を摂取することなんです。

田七人参は中国では薬として扱われている貴重な植物なんです。

なんと、田七人参には肝脂肪の原因であるブドウ糖と脂肪酸の結合を防ぎ
余分な中性脂肪を溜めない体にしてくれるんです!

余分な中性脂肪を蓄積しなくなると、
代謝が良くなり、エネルギーに変える力が上がるんです!

すると肝臓も本来の機能を取り戻し、肝臓に溜まっている余分な中性脂肪を勝手に排出すると今話題になっているんです。

「話題になっているなら…」

試しに購入して飲んだ結果、、

飲み始めの翌日の朝の目覚め…

全然違います!!

普段なら二度寝してしまうことが多かったのですが、
1回でスッキリ起きることができました。

今では、妻ともトレッキング(登山のようなもの)を始めることができて休日も充実することができるようになっています!

食事制限もないし、ウォーキングもいかなくてもよい!
こんな楽な方法があったとは、、、早く知りたかったです。。。

しかし、「田七人参」は漢方だったので、ほとんどが粉末の商品…。

飲んで見た結果…。。

漢方だけあってとても苦い。。。

これは続けられませんでした。。。

妻に相談したところ、ネットで色々調べてくれていました。
そこで見つけてくれたのが、「白井田七」だったんです。

打錠タイプになっているので、漢方の苦味がなく毎日飲むことができました!

とは言っても、最初は「サプリなんて本当に効くのだろうか?」と半信半疑でした。

しかし、購入した人達の口コミを見ると、他の商品と比べて圧倒的にすごかったんです!

参考にした口コミを一部を紹介します。

K.Wさん/55歳
二度寝することなくスッキリ起きられるように!

お酒はまったく飲んでいないのにγ-GDPが異常値に…。毎日の疲れもとれず、年齢のせいかな…と考えていたときにこのサプリに出会いました。
飲んで、実感があったのは翌朝で、二度寝することなくスッキリ起きられるようになったんです!検査の数値も基準値内に収まっていてこれは本物だ!と思いました。

 

D.Mさん/41歳
お酒が解禁できて、毎日ビールを飲んでいます!

缶ビールが大好きで仕事終わりには毎日5本は飲む程です。
γ-GTPは200と正常値には程遠い数値でした。
さすがに、妻からお酒禁止令がでて、食事制限もするハメになり、毎日楽しみがない生活を1ヶ月送っていました。そんな時、このサプリに出会いました。
飲み始めてから、体のだるさがなくっていくのを感じ、数値を見てもらうとなんと数値が正常値になっていたんです!おかげ様で、大好きなお酒も解禁されました!

 

M.Yさん/44歳
おかげさまで疲れもなくなり、数値も安定しています!

先生から再検査と言われてしまいました。男性がかかるものだと思っていたので、とてもショックでした。。そんな時、友人の紹介で「白井田七」を飲んだ結果、1袋目で毎日の疲れを感じなくなりました!2袋目にはγ-GTPも正常値に!「白井田七」にはとても感謝しています。

 

白井田七についてもっと詳しく見る

他のものと比べても明らかに口コミ評価が高く購入するきっかけにもなりました。

さらに公式サイトを見ると、なんと89万袋突破している大人気商品だったんです!

倦怠感や肝臓に溜まる中性脂肪など、健康面に不安抱える私達40~50代にとって、「白井田七」は最強のサプリメントでした!

業界初!「田七人参」を98%配合に成功した「白井田七」

正直私は調べるまで、田七人参のことはまったく知りませんでした。。

漢方の人参というと高麗人参を想像しますが、
調べてみると田七人参があまり知られていない理由がわかりました。

なんと中国では1970年の文化革命が起こるまで、門外不出とし、海外に輸出することを禁止されていた植物だったんです。

そんな「田七人参」を初めて無農薬栽培に成功して日本に輸入したのが、日本人の「白井 博隆さん」なんです。

「白井田七」の安心して飲めたポイントは、350種類の厳しい検査を通過した田七人参のみ日本に輸入しているところです。

農薬を使用した田七人参は一切入ってこないですし、日本人が栽培している点でも安心できました。

そんな希少性が高く、抜群の効果効能がある田七人参を「白井田七」は業界初の98%配合を実現したサプリメントでした!

業界初の98%配合に成功した白井田七は
東洋医学の先生にも支持されるほどのサプリなんです。

「白井田七」98%が「田七人参」であとの2%は有機玄米を使用しているようです。

他のサプリのように人工的なものは一切いれず、田七人参をまるごと飲める白井田七。

東洋医学の先生がオススメするというのも納得ですよね。

今だけ白井田七がお得なキャンペーンを行っています!

白井田七は通常価格6,480円ですが、今だけお得なキャンペーンが行われているです!

なんと…

通常価格:6,480円
↓ ↓ ↓
特別価格:1,980円

通常価格から70%OFFの1,980円で試すことができるキャンペーンなんです!

1日たったの66円で肝臓ケアできると考えると、市販のウコンを買うより安いですよね!

しかも!
定期コースの商品にも関わらず、
定期縛りが一切なくいつでも解約することが可能なんです!

最近γGTPが上がってきた…。

朝疲れがとれず、なかなか起きられない…。

年齢のせいか、なかなか痩せられない…。

そう思う方はぜひ一度試してみてください。

追伸:最後に1つだけ。

私が抱えていた肝臓の悩みですが、

私はサプリに頼りましたが、その効果に驚きました。

生活習慣の見直しや正しい食生活も大事です。

しかし、今の生活を完璧に変えることは難しいです。

だから、私はサプリを選びました。

γGTPが下がることで、

妻に心配されることもなくなりましたし、

大好きなお酒や好きな食事も我慢しなくてよくなりました。

この商品に出会えて、本当に感謝しています。

最後まで私ごとですが、

読んでいただきありがとうございました。

これからも健康に気をつけながら、

食事やお酒を我慢しない生活を送ってください!

私の記事が参考になって頂ければ幸いです。

会社概要

特定商取引法に基づく表示

プライバシーポリシー